トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

クレジットのニチデン

お申し込みはこちらの公式HPよりどうぞ!

即日融資対応!!
リボルビング対応!!

カテゴリ

プロフィール

nichidentaro

Author:nichidentaro
大阪・奈良にある消費者金融ニチデンは
柔軟な審査をする中堅消費者金融として一部ユーザーには知られていますが、利用してみるとスタッフの対応はとてもよく、審査もしっかりしてもらえます。
融資対象は関西地域のみですが、まだまだ知らない方も多いと思いますので、当ブログではそんなニチデンを皆さんにもっと知ってもらおうと徹底解説していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは引っ越しいたしました。

当サイトは下記URLに引っ越しいたしました。

http://www.youstartifinish.com/
スポンサーサイト

ニチデンの安全性

現在、インターネット上にはニチデン以外にも多くのキャッシング会社が、おすすめ業者として広告されています。
しかし、ネット上で、初めて名前を聞いたような業者の中には、違法なヤミ金融も混在しており、やたら申込みをするのはかなり危険なことです。
いまどきのヤミ金融は、ソフト路線で、正規業者との区別がなかなかつきについケースもあります。また、正規登録会社の中にも、初めから自社で貸出する意思がなく、他の金融機関や債務整理を行う弁護士、司法書士を紹介するのが目的の紹介屋と思われる業者も混在しています。
(なぜ、行政や業界団体が、このような実態の怪しい業者の取り締まりを強化しないのか管理人も不思議に思います。)

【営業店舗があるニチデンは安全】
このような傾向は、インターネットキャッシングが主流になって、さらに高まっています。
インターネットキャッシングの場合、まともな店舗を持たなくても、マンションの1室のような場所でも十分に賄うことができるからです。
その点、ニチデンは、インターネットキャッシングと並行して、いまだ店頭貸付も行っており、よい意味で地域密着の名残を残しています。
もちろん店頭貸付を行っていない会社の全てが怪しい業者ではありませんが、店舗実態の見えない業者に比べ、ニチデンの安全性は目に見える形で高く、自身を持っておすすめ出来ます。

その他、一般的に消費者金融会社の安全性の目安とされるポイントは、
①正規登録会社かどうか
②指定信用情報機関の会員か
③日本貸金業協会の会員か
などがあります。(こちらの記事を参考にして下さい。
もちろんニチデンはいずれの条件も満たしているので、安全性は問題ありません。


ニチデンでのキャッシング2014年度総括

暦も4月となり、2015年度が始まりました。
当サイトでは、2014年度はニチデンキャッシングについて、店舗調査も含めて、多くの情報を提供してきました。
今回は2014年度の総括としてニチデンキャッシングを振り返ってみたいと思います。

≪安全性≫
評価:★★★★
当サイトで紹介しているニチデンは、地域密着型企業として長年営業を継続してきた実績があります。そのことは、昨今、開業した新興会社と違って、利用者にとっても安心できる材料になると思います。
後述する、利便性とは裏腹ですが、良い意味で、「街の金融屋さん」というスタイルを残しているので、インターネット上だけの情報で実態が見えない会社ではありません。
また、苦情経歴や行政指導なども入っておらず、安全性に関しては太鼓判です。

≪可決率について≫
評価:★★☆☆
当サイトの調査ですと、2014年度ニチデンインターネットキャッシングでの可決率は、
6.5%~7%という結果がでました。

(可決率とは、申込み件数に対する成約件数の割合のことです。)
中小クラスの消費者金融会社の相場を知らない方は、この数値を一見かなり低いと思われるかもしれませんが、大手と違って、申込み客の属性も劣りますので、同クラスの他社の平均と見劣りすることはありません。(実際に、他社長期支払遅れ者、総量規制抵触者など、絶対に融資不可能と思われる申込者を除外して出した数値は、かなり高くなるはずです。
もちろん自己破産債務整理をした方などへの柔軟な審査は健在です。)

また、その月によって、可決率の変動が激しい会社も多いのですが、ニチデンに関しては、通年で安定した貸付率は期待できます。
よって、評価としては、並みとさせていただきました。

≪商品性≫
評価:★★☆☆
ニチデンフリーキャッシングの商品性は、定められた限度枠内で入金、出金が可能となる、「リボルビング方式」になります。
必要な時に必要な分の借り入れができるので、非常に便利です。
しかし、その利便性は、来店可能な近郊にお住まいの方に限られてしまします。
ニチデンにはそれぞれの店舗に専用ATMが併設されていますが、現在のところ、他に提携ATMなどはなく、インターネットキャッシングも新規の場合しか行っていません。
来店可能な方でなければ、あまり「リボルビング」の意味はないと言えます。
今後の発展に期待したいところです。

≪おすすめ度≫
評価:来店可能地域★★★★ 
現在、ニチデンは融資対象地域を、「大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県・三重県」に限定しています。
これらの地域に居住していない方は、現在、融資は受けられませんので、おすすめはもちろんできません。
また、融資対象地域の中でも、来店可能地域に居住の方には特におすすめです。
理由は、前述したように、専用ATMを利用した枠内融資、返済などその利便性を享受できるからです。

続・消費者金融ニチデンの審査

ニチデンの審査については、以前も書きましたが、(→ニチデンの審査)、2015年2月現在、当時に比べて審査は若干厳しくなっているようです。

正確には審査が厳しくなったというより、融資申込者に対して審査が可決する率が低下しています。
それに伴い業務拡大に対する予算が、縮小される傾向にあるようです。
ニチデンはここ1年ほどインターネットを使った業務拡大に取り組んでいましたが、実際の取り組みとしてはほぼ自社内での取り組みに限られ、コンサルタントやシステム開発を含めた本格的なマーケティングと言えるほどのものでは無かったようです。

中小の消費者金融業界といえば旧態依然とした業界であることは周知の事実だとは思います。
しかし大手がすでにインターネットを利用した電子取引による業務効率化と商圏拡大を達成している中、一部の中堅消費者金融も遅ればせながらその波に乗ろうとしています。

インターネットを利用したマーケティングは、ある程度従業員が学ぶことによって始めることが可能ですが、すでに習熟した業界になりつつあるインターネット業界では、明確な結果を出すにはそれなりの予算とコンサルタントが必要になります。

インターネットマーケティングの導入が中途半端であると消費者金融の場合、どういった結果になるのでしょうか?
答えはやみくもに質の悪いユーザーの申し込みだけが増えることになります。
またニチデンの場合、インターネットを利用し始めたと言っても融資地域を現在も関西圏に限っており、インターネット最大の特徴である地域に限定されないメリットを享受できていません。
もちろん業種によって、インターネットを利用したとしても地域に特化したほうが良い業種もありますし、消費者金融の場合リスク管理といった点もありますので、この経営方針が間違いだというわけではありませんが。

しかし現在のニチデンのような取り組みだと、なかなか実績が上げられないという感じではないでしょうか。
申し込みユーザーだけ増えて、融資が中々実施されないと可決率が悪くなり、インターネット上の口コミや評判も悪くなるといった悪循環が発生するケースがあります。

そのようなケースになると消費者金融企業はインターネットマーケティングに対して懐疑的になります。
(そういった点で中途半端な取り組みよりは旧態依然とした経営を続けている企業のほうが正しいかもしれません。)
ニチデンの場合もこのケースが当てはまるかはわかりませんが、インターネットマーケティングにあまり力が入らなくなりつつあるのは間違いないようです。

ただインターネットマーケティングは予算を投じれば、一時的な即効性も得られるため惰性的な運用をしている企業も見られます。
ニチデンの場合、ある程度バックボーンがあるようですので、更なるインターネットマーケティングに取り組み地域密着から抜け出して、融資拡大、可決率の向上、イメージアップに取り組むことを期待したいところです。

ニチデンの事業者ローン

ニチデン事業者ローンの特徴】
ニチデンでは、小口無担保融資以外にも、自営業者向けに、大型融資である事業者ローンを取り扱っています。
特徴としては、
①最大1億円までと幅広く融資枠を設けている
②20年長期返済が可能
③実質年率7.3%~14.6%(遅延損害金年利20%)
④返済方法:元金一括払・元利均等払・ボーナス併用返済(要相談)・元金据置自由返済(要相談)
とかなり、受け幅が広く、顧客の状況に応じてあらゆるスタイルでの貸出が可能となっていることがあげられます。
また、総量規制の観点からも、自営業者は年収の3分の1を超える借入も可能になっています。

●個人事業主の場合
①事業計画書、②収支計画書、③資金計画書、の三計画書によって、
借り手の事業実績や事業計画に基づいて借入総額の返済が合理的に見込まれる場合等、明らかに返済能力があると認められる場合には年収の3分の1を超えても例外的に貸出が認められています。

●法人の場合
法人については、その経営実態様々であり、売上等の一定の数値的基準をもって、一律に過剰貸付と判断することは困難なので、そもそも総量規制の対象外になっています。


ニチデン事業者ローンは地域未着ならでは】
現在、ニチデンを含む中小クラスの消費者金融会社は、下記2種類に分類されます。
①無担保小口融資を中心に全国エリア対応
②本店所在地を中心に近郊の地域に限定して融資
上記、①のタイプの消費者金融会社は、スピーディーな無担保融資を武器に全国エリアで貸出しており、1件あたりの融資限度額を下げることでリスク分散しています。
それとは逆にニチデンのような、上記、②タイプの消費者金融会社は、地域密着型を武器に、不動産担保など、あらゆる保全が可能なので、事業者ローン不動産ローンなどの大型融資も可能になってくるというわけです。

事業者ローンの申込み方法は、公式ホームページの申込みフォームから可能です。
また、自営業者の方でも、50万円以内の小口のスピーディーな融資をご希望であれば、「振込ローン」からの申込みをお勧めします。

検索フォーム

最新記事

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファイナンス
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
46位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンタ

QRコード

QR

免責事項

当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。