トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

クレジットのニチデン

お申し込みはこちらの公式HPよりどうぞ!

即日融資対応!!
リボルビング対応!!

カテゴリ

プロフィール

nichidentaro

Author:nichidentaro
大阪・奈良にある消費者金融ニチデンは
柔軟な審査をする中堅消費者金融として一部ユーザーには知られていますが、利用してみるとスタッフの対応はとてもよく、審査もしっかりしてもらえます。
融資対象は関西地域のみですが、まだまだ知らない方も多いと思いますので、当ブログではそんなニチデンを皆さんにもっと知ってもらおうと徹底解説していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニチデンの不動産担保ローン

ニチデンでは小口の振込ローン以外にも不動産担保ローン事業者ローンの取り扱いも行っています。
これら大型ローンの中でも今回は不動産担保ローンについて解説してゆきます。

※不動産担保ローンの商品の特徴
・融資額:50万円~1億円
・対象不動産:土地・建物・マンション等
(未登記・共有名義分・借地上の建物・第二順位以下でも可)
・利率:7.30%~14.60%(遅延利率20.00%)
・返済期間:最長20年


改正貸金業法施工後不動産担保ローン
平成22年6月の改正貸金業法施工によって総量規制という年収の3分の1以上の貸出制限が導入されました。そのことで不動産担保ローンは従来と大きく変化しました。
不動産担保ローンは大型融資になることが多く、次のように一定の条件を満たせば総量規制の除外とされています。

不動産担保ローン総量規制の除外となる貸付
①住宅ローン契約など不動産の購入に必要な資金の貸付け(つなぎ融資含む)
②居宅などの生計を維持するために不可欠な不動産を除いた不動産を担保としたローンで個人顧客の返済能力を超えないと認められる貸付(不動産評価額の範囲内の貸付)
③売却予定の不動産で売却代金により弁済される貸付

消費者金融会社で住宅ローンを組む人はいないので、ポイントとなるのは②になります。
現在の法律では、
「自宅を担保とした不動産担保ローンは総量規制の範囲内」
「総量規制を超える貸出を受けるには自宅以外の不動産担保が必要」
ということになっています。
これは、自宅など生活に不可欠な不動産を高金利のローンで取られないようにできた規制ですが、自宅以外の不動産を所有している方も現実は少ないので、消費者金融会社不動産担保ローンは衰退傾向にあります。


ニチデン不動産担保ローンは地域密着ならでは】
このように、現在、総量規制を超える不動産担保ローンは、自宅以外の不動産を担保として、その評価額の範囲内の貸付に限定されています。
もちろんニチデンも例外ではありません
インターネットキャッシングに特化している中堅消費者金融会社の中には、その取り扱いをやめてしまった会社もあります。
その中でも、ニチデン不動産担保ローンの商品を継続しているのは、やはり地域密着型の営業方針だからでしょう。
効率性を重視して拡大路線を採用するならば、小口無担保無保証に特化した方が良いはずです。
あえてその路線を採用せずに、顧客の様々ニーズに対応するために不動産担保ローンを継続しているということでしょう。

検索フォーム

最新記事

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファイナンス
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
58位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンタ

QRコード

QR

免責事項

当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。