トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

クレジットのニチデン

お申し込みはこちらの公式HPよりどうぞ!

即日融資対応!!
リボルビング対応!!

カテゴリ

プロフィール

nichidentaro

Author:nichidentaro
大阪・奈良にある消費者金融ニチデンは
柔軟な審査をする中堅消費者金融として一部ユーザーには知られていますが、利用してみるとスタッフの対応はとてもよく、審査もしっかりしてもらえます。
融資対象は関西地域のみですが、まだまだ知らない方も多いと思いますので、当ブログではそんなニチデンを皆さんにもっと知ってもらおうと徹底解説していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :

消費者金融ニチデンの信用

ニチデンは以前電話担保金融を行っていたと書きました。
若い方はあまり知らないかもしれませんが、
以前はNTT(もともと電電公社という国営企業)の固定電話を引くには電話加入権という権利を購入する必要があり、
この加入権の価格が10万円ほどしました。
この加入権は売買するこができたため、この加入権を担保にお金を貸していたのが、電話担保金融です。

※ちなみ電話担保金融は以前は特例利率が認められており、最高年利54.75%まで可能でしたが、貸金業法改正とともに特例は廃止され、また携帯電話の普及や、加入権を必要としない光でんわの普及により、2014年現在電話担保金融を取り扱っている業者はほぼ存在していないと思われます。

またこれ以外にニチデンは不動産担保ローンも取り扱っています。
電話担保金融とは異なり、こちらは現在も取り扱いをしています。
不動産担保ローンとは、読んで字のごとく不動産を担保にお金を貸すローンです。
不動産担保ローンというと銀行などが取り扱うイメージですが、一部の消費者金融でも取り扱いをしています。
不動産担保ローンなどは、消費者金融ユーザーであるいわゆる無担保ローンの利用者には関係ないことに思われますが、ここから二つのことが見えてきます。

まずひとつにはニチデンには地方の金融業者として、かなり資金力があるということです。
どういうことかと言いますと、不動産ローンは不動産の担保価値を査定して融資する訳ですが、当然無担保ローンとは融資する額が違ってきます。
ニチデンでのサイトでも最高1億円となっていますが、
担保を取るとはいえ融資するにはそれだけの資金が必要になります。
このことから消費者金融業者にもかかわらず、不動産ローンを取り扱うニチデンにはかなり豊富な資金力があると言えます。
これは信用できる消費者金融を選択するうえで、非常に大切なことです。

二つ目には、電話担保金融といい不動産ローンといい、どちらも担保を必要とします。
担保とはつまり、返済できなかった場合はその担保の所有権が貸した側に移転してしまう訳です。
そのように考えると、当然無担保で貸すのと担保を取ったうえで貸すのとでは、リスクに大きな差が発生します。

つまりニチデンはもともと貸す側にとってハイリスクな無担保ローンより、よりリスクの少ない(貸す側に有利な)担保商品の取り扱いをメインにしてきたということです。
貸し倒れリスクの少ないユーザーを確保するということは、貸金業者にとって非常に有益なことです。
もちろん担保を用意できるユーザーとなると限定されてしまう訳ですが、
そのうえで40年以上営業を続けてきたことを考えるとかなり信用できる経営を行ってきたと言えます。

ここにきて無担保ローンを強化することは、貸金業者としてハイリスクを取るということになりかねません。企業の内情まではわかりませんが、個人向けの無担保ローンを強化して経営規模を拡大したい、もしくは経営状況を改善したなどの理由があると思われます。
しかし貸金業法改正後、中堅消費者金融でこのように「リスクを取ってでも」という強気な経営に出ることは今までの堅実経営があったからこそとも言えます。
貸金業法の改正後で、従来の優良なユーザーを確保しづらくなった可能性はありますが、攻めの経営姿勢と言うこともできるかもしれません。

※ちなみに不動産担保ローンは総量規制の「適用除外」となっています。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :

検索フォーム

最新記事

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファイナンス
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
58位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンタ

QRコード

QR

免責事項

当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。